維持費の節約ポイントは近年ではガソリン代

gs-stand

 

自動車の維持費の代表といえば、車検代・自動車税・保険料の3つが挙げられます。

しかし、自動車の維持は、車検や税金、保険といったものだけではありません。

日常的に家計を苦しめるのが、ガソリン代です。

 


レギュラーガソリン1Lあたり100円程度だったものが、近年は、1L160円後半の値で以前のハイオク並の価格です。

 
車の維持費が高くなるのは、今や、ガソリン代といっても過言ではありません。
そこで大切なのが、ガソリン代の節約です。

ガソリン代の節約ポイントは、月並みですが燃費の良い運転を心掛けることです。

燃費の良い運転とは、急発進や急加速をしない運転であることは良く知られています。
急発進や急加速では、アクセルを一気に踏み込むため、ガソリンを多く使ってしまいます。

 
それを避けるため、車を発進する際には、10秒程の時間をかけて時速30㎞に加速していくのが理想的です。

 
また、高速道路などでの運転の際も、時速を一定にし、急加速を行わないスムーズな運転を心掛けるのが好ましいです。

さらに、タイヤの空気圧のチェックをしておくことも低燃費で車を走らせる重要なポイントです。

 
ガソリン価格の高騰で、車の維持に苦労している人は、試してみる価値があるでしょう。

 
実践してみると燃費の良さにきっと気がつくはずです。