車の並行輸入と正規輸入の違いって?

海外から日本へと輸入されてくる車は、正規輸入車と並行輸入車の2種類が存在します。

 

 

正規輸入車は、日本で販売するためにメーカーが直接輸入してくる外車のことを言います。

 

 

もう一つの並行輸入車は、日本では販売されていない車種をメーカー以外の業者が輸入した車のことを呼びます。

 

この場合、メーカーの正規代理店が日本国内にあったとしても、お店では販売されていないため並行輸入になります。

 

 

また、日本に正規代理店が無い車種を輸入することも並行輸入と言います。

 

 

 

ただし、正規輸入・並行輸入といったこれらの区分は、法的には厳密に定められていません。

 

 

 

並行輸入のメリットは、日本では販売されていない車種を入手できることです。

 

 

たとえば同じメーカーであっても、海外では広く普及しているのに日本だけ売られていない車種は多く存在します。

 

そのような車種に乗りたい場合は並行輸入を利用することになります。

 

 

希少車を入手することもできるため、外車好きの方ならメリットを最大限受けることができます。

 

 

並行輸入のデメリットは価格の高さと保証です。

 

 

並行輸入された車の場合、メーカーの保証を受けられない場合があります。

 

 

また、一般的な正規輸入車と違って代行業者を通じて購入することになるため、比較すると購入価格が高くなりがちです。

 

 

 

メンテナンスなど、購入後に克服しなければいけないデメリットもあります。

 

 

珍しい車種の場合、日常のメンテナンスが難しかったり、修理業者に修理を断られてしまったりすることもあるので注意が必要です。