解体証明書を無くしてしまって。

カービジネスを行っているような会社に売買を行う場合や、解体を行う場合であればその証明を用意しなければならない場合があります。

しかし、その車の解体証明書を紛失してしまうというケースはかなり多く存在していることでしょう。

それでは、仮にこれを無くしったとすれば、どのような対策を行うべきなのでしょうか。

まず考えられる方法としては、解体を行ったリサイクル業者へと再度解体を行ったという証明書を再発行してもらうということです。

再発行を行ってもらうことができれば、無くしてしまったものと全く同じ書類が手に入りますので無くしてしまった分の証明書を必死になって探しまわる必要もなくなります。

また、この証明書は何らかの手続きを行うにあたって必ず必要になってくるものとは限りません。

なぜなら、その車を所有している人間の印鑑証明があれば、この証明書の代わりとして使用することができるからです。

ですから、仮に印鑑証明があるのであれば、わざわざ無くしてしまった証明書をわざわざ再発行しなくてもよくなります。

特に陸運事務局などでの手続きを行う場合であったとしても、証明書が無くても印鑑証明さえあればどうにか処理ができますので、この点については安心して良いです。

ただ、できることであれば証明書は必ず無くさないように保管しておくことも大切です。

なぜならば、万が一早急に何らかの手続きを行わなければならないようになった時には、その証明書があるとスムーズに手続きの処理ができるからであります。

それゆえに、証明書を無くさないことを最優先し、もし無くなってしまったのであれば上記に記載している内容の通りに行うことが大切になってくるでしょう。

 

事故車売る