海外で車を運転する場合は?

drive

海外で車を運転するためには、所定の手続きや方法で対処する必要があります。

 

海外で車を運転することになった場合、

  • 国外運転免許の取得をするか、
  • 日本の運転免許を切り替える手続きをする

のが一般的です。

 

また、対象国で運転免許試験を受け、該当する国の免許を取得する方法もあります。

しかし、この方法は手間も時間も、そしてお金もかかってしまうため、あまり一般的ではありません。

 

 

海外で運転するなら国外運転免許の取得か、日本の免許の切り替えをするのが良いでしょう。

 

『国外免許の取得方法』

 

国外運転免許は手続きをするだけで取得することができます。

 

ただし、運転できる国はジュネーブ条約に加入しているところに限ります。

 

本人が取得手続きをおこなう場合、必要なものは運転免許証、発行から6ヶ月以内の写真、パスポートなど渡航を証明する書類です。

 

国際免許の手続きは指定の警察署や運転免許センター、運転免許試験場でおこないます。

 

申請が可能な期間は運転免許証の有効期限内です。

免許停止処分を受けている方、停止期間中の方は手続きできないので注意しましょう。

 

 

『運転免許を海外に切り替える方法』

 

日本の運転免許から海外の運転免許へと切り替える場合、手続きは該当国の大使館などでおこなうことになります。

 

たとえばアメリカで運転する予定の場合、手続きをする場所は日本にあるアメリカ大使館です。

 

手続き方法や必要書類などは国によって異なります。

前もって該当国の大使館に問い合わせておきましょう。

 

運転免許の切り替えに手数料が必要な場合もあります。