残クレを利用してみる

car-roan

二年前、私が新車をディーラーで購入した時にはじめて知った制度で「残クレ」というものがあります。

 

カーローンの一種で、三年と五年と選べるわけですが、私の場合は五年を選択しました。

 

 

これから新しく買う車が、五年後いくらくらいで売れるかをあらかじめ試算し、その金額をローンの支払いから一旦除外します。

 

例えば新車の総額が150万だとして、試算が50万だったとします。

 

五年で支払う金額は150万から50万を引いた100万分だけとなります。

 

そして五年後に、その車をディーラーに売る場合は、走行距離やキズの程度にもよりますが、あらかじめ試算した50万前後で売れるわけです。

 

 

もし五年以上乗り続ける場合は、残りの50万分のローンがはじまるという仕組みです。

 

初期費用、ローンが安くなり、購入しやすいというメリットもありますが、ローンを続けている間は、所有権はローン会社にあるので、時と場合により使い分けが必要となるサービスとなっています。

 

また、走行距離が制限されるので、ヘビーユーザーにはあまりおすすめできない支払い方法でもあります。

 

それを超過してしまうと、下取り金額が安くなってしまいます。

 

私は年間6000キロも乗らないので、この支払い方法を選択しました。